YEAR 2020

The Program

The Toronto Clinical Training Program 2020 was conducted online for one week starting February 8, 2021. Seven fifth year students participated in the program.
2021年2月8日から1週間、Toronto Clinical Training Programをオンラインで実施し、7名の5回生が参加しました。

Program at SickKids and Leslie Dan Faculty of Pharmacyトロント小児病院・トロント大学

At the Hospital for Sick Children (SickKids), we participated in seminars given by the hospital's pharmacists, pharmacist residents and a doctor. We also made a case presentation on the first day.

We held an exchange meeting with about 25 students of the Paediatric Initiative of Leslie Dan Faculty of Pharmacy at the University of Toronto. We also participated in a quiz competition on pediatric diseases and drug treatment using Kahoot!

トロント小児病院(SickKids)では、病院の薬剤師、薬剤師レジデント、医師によるセミナーに参加しました。また、初日には立命館大学の学生による症例発表を実施しました。

トロント大学薬学部のPaediatric Initiativeの学生約25名との交流会を実施しました。互いの国・大学での薬学部の教育システム、実習、選択科目、キャリア、ボランティア活動など活発なコミュニケーションがとられていました。Kahoot!を使った小児の疾患や薬物治療に関するクイズ大会にも参加しました。

参加学生の声

  • 初めは全然英語を聞き取ることが出来ず、授業について行けるのか、コミュニケーションが取れるか不安でしたが、三日目くらいから耳も慣れてきて、徐々に話していることは分かるようになり、質問も出来るようになった

  • 英語で講義を理解し、質問をし、答えを理解する。この一連の流れが英語でできたときの嬉しさは言葉で表せないくらいの喜びで、もっと英語を使いたい、話したいと思った

  • 薬剤師の役割の違いを学んで、自分の将来の薬剤師の働き方について考えることができた

  • SickKidsという世界でもトップレベルの病院で、薬剤師の在り方などについてのお話を聞けたことで、将来薬剤師として働くときに大事にしたいことが見えた

Programs at Ritsumeikan University 立命館大学内でのプログラム

College of Pharmaceutical Science, Ritsumeikan University, held various programs online such as case discussions, review sessions, and cross-cultural exchange sessions.

立命館大学薬学部でも症例ディスカッション、レビューセッション、異文化交流セッションなど、さまざまなプログラムを実施しました。

Case Discussion
症例ディスカッション

トロント小児病院で行った症例ディスカッションを再び行い、医学的な観点から復習しました。

Review Session
レビュー・セッション

トロント小児病院とのセミナー後、学んだことを説明しながら復習しました。

参加学生の声

  • 疾患について、薬について、分からないところをしっかり確認する機会となり、前日のセッションの理解を深めることができた。

  • 朝のウォーミングアップ兼復習の時間として、リラックスして取り組むことができた。わからない単語や症状について詳しく教えてくださったので、とても勉強になった。

  • 前日に学んだことをアウトプットでき、ナハラ先生からフィードバックももらえたため、講義の理解度が高まった。

  • クリアな英語で丁寧に薬のメカニズムや病態、症状について説明してくださり、内容としても英語力としても理解が深まったように感じた。

Cross-Cultural Exchange 1
異文化交流セッション1

Cross-Cultural Exchange 2
異文化交流セッション2

We had a cross-cultural exchange session with TAs Xinjia WANG from China andHaarish C. V. from India, and lecturer Philip Gurney from Canada. We talked with them about OTC drugs (over-the-counter drugs) that are well known in our home countries as well as the role of pharmacists. On the last day, we had an online party where we introduced various snacks from each country and interacted with each other.

TAのXinjia WANGさん(生命科学研究科、中国出身)、Haarish C. V. さん(理工学研究科、インド出身)、外部講師のPhilip Gurney先生と異文化交流セッションを行い、自国でよく知られているOTC薬(市販薬)の紹介や、薬剤師の役割について話しました。最終日はオンライン・パーティを開き、各国のさまざまなお菓子を紹介しながら交流しました。

参加学生の声

  • カナダだけではなく中国、インドの医療や薬剤師について知ることできとても面白い授業だった。

  • 英語の話す力と聞く力、また国ごとの文化や薬剤師の役割など広く学ぶことができた。

  • インドの英語、中国の英語、カナダの英語、それぞれ発音や話し方が違い、様々な英語を聞けたので大変勉強になった。日本の発音に恥ずかしさがなくなった。

  • 各国のOTC薬紹介や病院についての話を聞いて、国ごとにこんなにも処方箋の使い方や薬剤師の役割が異なるんだと驚いた。

  • 少人数でのセッションはとても話しやすく、一番英語を話すことのできる機会であった。アウトプットができ、とても楽しかった。

Poster session ポスター発表

Students presented the outcomes of TCTP2021 in a poster presentation.

学生がTCTP2021の成果をポスターで発表しました。